ドクタープラネットの口コミと評判の無免許医逮捕事件

HOME 転職 医師 比較

今も消えないドクタープラネットの無免許医逮捕事件!

 

ドクタープラネットは2002年に設立された比較的長い求人エージェントなのですが、今回入ってきた比較情報では、実際にドクタープラネットを使ったという口コミは無く、「ドクタープラネットは無免許を紹介する会社だから気をつけろ」という注意ばかりでした。

実際、ドクタープラネットが都内の総合病院に無免許医を紹介し、健康診断をしていたことで逮捕されています。ドクタープラネットからのこの逮捕者は都内の病院だけでなく横浜の清水橋クリニックでも1年半もの間、11,115人の健康診断を行っていたとか。1万人を超えるというこの数は、都内の就労人口と比較すると非常に大きな数です。

ドクタープラネットは社長の名前が山形精隆で資本金1000万円とあるものの、ドクタープラネットの売り上げ、社員数、営業拠点は公開されておらず、厚生労働大臣の許可も明示していません。このため比較する数字が非常に乏しいことも、事件をクローズアップさせたままでいる一因かと思います。

ドクタープラネットのように無免許医の紹介事件は意外に多く、ドクタープラネットのように情報整備体制がしっかりしていないところに登録してしまうと、紹介先であらぬ疑いをかけられてしまいますから、くれぐれも注意が必要です。ドクタープラネットのように悪い噂のあるエージェンシーの紹介で来たという履歴が残ると、その後も影響しかねません。噂の範囲に過ぎませんが、無免許医の紹介ミスは大手のエージェントでも発生しているようです。

ドクタープラネットを使ったという比較情報はありませんでしたが、ドクタープラネットに関しては比較したり、ランキングで考慮する以前の問題だということでしょう。

他の業種と比較して、国家免許が必要な職種は信頼が絶対です。他と比較すれば大したことではない過失も、信頼が必要な分野では命取りとなります。一方、他の業種と比較すると重大な事項が、その業種に限定された特殊事情であることもあります。業界や職種によって重要とされることは大きく異なり、ひとの命がかかわる世界では信頼が比較的重要なポジションを占めています。妙な会社に巻き込まれて、その汚れた看板まで背負って比較される羽目にだけはならないように気をつけたいものです。

 


比較

ランキング

比較項目の抽出良否が将来を決める成否の決定打

求人会社を比較して乗り換えるという賢い選択方法

各国比較に見る中国とアメリカの違い

アメリカと日本の専門分化の比較でわかる新制度導入見送りの影響

ドクタープラネットの口コミで評判の無免許医逮捕事件

アメリカ人は医療においても拝金主義

お問い合わせ