エージェントとWebの両方に強いメディウェル 総合評判も◎

医師向け転職・求人サイト運営会社:メディウェルとは? 評判や特徴を知りたい!

メディウェルの基本情報

メディウェルの医師の転職と求人

・運営会社:株式会社メディウェル
    https://www.mediwel.net/
・運営サイト:医師転職ドットコム
    https://www.dr-10.com/
・設立年:1996年2月
・代表取締役:中村知廣
・所在地:〒060-0001北海道札幌市中央区北1条西5丁目2番地 興銀ビル9階(本社・札幌営業所)
     〒150-0022東京都渋谷区恵比寿南1丁目5-5JR恵比寿ビル9F(東京本部)
     〒460-0003愛知県名古屋市中区錦2丁目4番15号 ORE錦二丁目ビル13F(名古屋営業所)
     〒541-0056大阪府大阪市中央区久太郎町三丁目6番8号御堂筋ダイワビル8F(大阪営業所)
     〒730-0031広島県広島市中区紙屋町2丁目1番22号広島興銀ビル6F(広島営業所)
     〒812-0011福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目20番1号大博多ビル7F(福岡営業所)
・電話:011-242-8611(代表)/011-242-8612(FAX)
・本社所在地:北海道札幌市中央区
・資本金:2億850万円

メディウェルの特徴

  • 薬局事業で有名なアイングループ傘下
  • 医師転職支援業界では高い評判

メディウェル株式会社は、医療関連のサイト運営会社なのですが、正確には、「メディウェル」と言う名のサイトは運営していないにも関わらず”メディウェル”ブランドを前面に出して営業しており、メディウェルがサイト名のように広く捉えられています。

メディウェル単体では中堅規模なのですが、アインファーマーシーズとして知られる、東証1部に上場している調剤薬局・ドラッグストア経営など医薬流通に関する大手企業グループ傘下に入っています。これは、2007年にアイングループの薬剤師の転職支援会社であるアインスタッフ社を吸収合併したところからグループ傘下に至ったのです。大きくは、医師・薬剤師のキャリア支援、医療経営コンサル、医療関連情報サービスの3つの事業からメディウェルは成り立っています。

まず、医療経営コンサルの面では、「採用支援ドットコム」と言うサイトを運営し、病院の採用支援やセミナーなど医療経営コンサルティング事業も行っています。医療経営コンサルティングの視点から情報サービスを展開し、医療情報ブログ「メディウェルログ」と医療経営支援情報誌「クラヴィス」で設立当時から病院経営者向けの情報発信をしています。なお、2015年5月からは個人の医師向けにキャリア支援Webマガジン「エピログ」も運営しています。そして、キャリア支援に関しては、医師向けでは常勤・非常勤の求人を掲載する「医師転職ドットコム」と非常勤・スポットの求人を掲載する「医師バイトドットコム」を運営しています。薬剤師向けに「薬剤師転職ドットコム」もあります。

運営サイト名がシンプルなことも、サイト名よりも運営会社である「メディウェル」呼びの方が印象強い理由となっています。医師転職ドットコムは、後述のように、医師の転職支援の中でも求人件数も多く、サービスも高い評判を得ているため、サイト比較のランキングでも常に上位にランクインしています。

なお、医師転職ドットコムから派生して、「40代50代60代の医師転職ドットコム」と言うサイトも存在していますが、内容は転職事例などで求人は掲載されておらず、医師転職ドットコムの紹介ページと言った位置づけです。「40代50代60代の医師転職ドットコム」は医療分野専門のWebマーケティング会社である株式会社リンクフォースが運営しています。

医師転職ドットコム、医師転職バイトドットコムも基本的な利用方法は同じです。雇用形態、診療科目、エリア、特集などから検索することができ、一部の非公開求人もに掲載しています。求人の問い合わせ等のサービスは登録後、エージェントによる面談でヒアリングを受け、キャリア相談や求人紹介等のサービスを受けることができます。

ちなみに、医師転職ドットコム内の定期非常勤(週1~3日)と医師転職バイトドットコム内の定期求人は、呼称が違うだけで件数も同一のため、掲載サイトが異なるだけの同じ求人カテゴリと考えられます。

メディウェルの良いところ

  • 他社との違いが明確なサポート内容
  • テーマやターゲット別でバラエティに富んだ特集

メディウェルでは、競合に優る点をサイト上に明記しており、利用者の転職先や満足度も「サービス実績」として公開しています。いかにエージェントを利用するメリットがあるか、どのようにそのメリットを提供できるサポートがあるかに関し、体験談などの形も含め説得力をもって説明しているのです。

  • 求人票だけでは分からない情報の収集
  • スピーディなマッチングや求人提案
  • キャリアプランニングの相談
  • 労働条件所で入職時のサポートやアフターケア
  • 求人件数は39,480件以上、非公開求人は10,000件以上

上記のように、メディウェルが業界でも良いサポートをできるのは、エージェント教育に非常に注力していることが考えられます。メディウェルの会社自体の採用においては、企業サイト上でキャリアフローを明記しており、例えば係長・主任クラスには理論モデルとして4年など、先を見据えた人事計画を伺えます。さらに、メディウェルでは今まで蓄積されたデータから似た転職事例を調べるなどノウハウが溜まっています。病院のコンサル事業も行っているため、経営者目線など俯瞰的な視点を持っていることも有利に働いています。しかも、メディウェルは登録後のエージェントサービスだけではなく、サイトも大変充実しています。

特に、テーマ別に絞った求人特集やエージェントのおすすめは希望の求人を見つけやすくなっています。例えば、「キャリアに関する医師求人の特集」はその中でカテゴリが分けられています。

  • 専門医取得可能
  • 製薬企業への転職
  • 転科可能
  • 高額年収 等

上記のようなカテゴリごとに、その特集に関するQAや体験談を見ることができ、さらにエリアごとに求人を検索することができます。

このように手軽に見られるサイト上に選択肢を多く提示してくれることで、自分自身で持っているキャリアイメージがぼんやりしている場合は具体的なキャリアプランを考えるきっかけとなりえるのです。キャリアプランの方向性をつかみ始め、そのプランを叶える求人先を探す段階でメディウェルにつながる導線が設計されているので、初めての転職でもすんなりと利用しやすいのです。

メディウェルの欠点

  • 求人エリアは関東偏重気味
  • 大規模病院や経験者求人に偏りがある可能性あり

メディウェルは札幌を本社としていますが、求人件数は病院や人口も多い関東に集中しています。関東以外では九州・沖縄エリアも求人件数は多いのですが、意外にも営業所のある名古屋、大阪は少なくなっています。常勤の全求人件数18,376件中、関東エリアが7,603件、九州・沖縄エリアが3,185件と半数以上を占めています。続いて近畿エリアが1,803件、東北エリアが1,389件、東海エリアが1,116件、中国エリアが1,024件、北信越エリアが1,009件、北海道エリアが743件、四国エリアが504件となっています(2018年1月時点)。非常勤も同様の傾向ですが、スポット求人はさらに頓着で、全8,757件中、関東エリアが4,994件と実に57%を占めています(2018年1月時点)。医師のように地域に根付く仕事の場合、風土や人口構成、病院によってはその土地で権威ある大学など地域性が重要なポイントとなっています。エージェントのサービスは高度な情報に基づくため、一般的に営業所のない地域などは十分な情報が集まらず、そのサポートを充分に受けることが厳しいのです。求人件数でも頓着ですが、特に四国は営業所もなくメディウェルが弱い地域と言えます。

また、メディウェルには高額案件も多く、役職付きで募集している求人が多くあります。裏を返せば、規模が大きく、経験者や実力の高い医師向けの案件も多いと言うことです。全求人件数18,436件中、規模の一つの目安となる200床数以上の病院の求人は7,136件と約4割を占めています。役職付きの募集も、1,020件あります(2018年1月時点)。そのため、若い医師の方や経験の少ない方の場合、多少なりともターゲットから外れ、思うような対応が望めない可能性が考えられます。

まとめ:メディウェルのおすすめ度

  • おすすめ度(5段階評価)・・・「5」★★★★★

メディウェルは、医師転職支援業界の中でも非常に評判高い会社となっています。その高い評判の理由には、人的なエージェントサービスもサイト上の情報サービスのどちらも細やかに考えて提供している点にあります。エージェントは交渉・相談ともにしっかりプロであることを前面に出しています。しかしながらエージェントだけに頼るのではなく、サイトに求人やコンテンツが充実しており、外部のWebマーケティング会社も使って医師の会員を増やしています。そのように集まった優秀な医師を病院とマッチングさせる点は、メディウェルの別事業である医療経営コンサルのノウハウを生かし、複数のシナジーを発揮しています。関東に比重はありますが、おおむね地方都市もカバーしています。また、一定の経験者向けの求人が多いとも考えられますが、転職市場はある程度の経験を積んだ医師がキャリアアップや年収、余裕のある生活を目的に転職することが多いため不向きの方は、全体的にそう多くないと考えられます。

メディウェルは、総合的に申し分なく、医師の方に利用をおすすめできる転職支援会社と言えます。

 


医師

医師の診療科で差がつく人気と収入

専門医に厚生労働省が2017年に導入する新制度

医局員を手中に収める強大な教授の支配力

派遣医師につきまとう家族との別居不安

医師にもクビがあるという逃れられない恐怖

外科医に多いうつ病の意外な原因

国境なき医師団が日本の医師に突き付ける危険と聖なる選択

日本医師会の意外な一面

外科医が悩む体力と精神力の限界での綱渡り

内科医への他科目からの転科が魅力的な理由

ジョブデポ医師の口コミでは無理な手広さが評判

20世紀にポーランドで行われた感動の心臓移植手術

4つの視点で解説する医師の求人事情!数倍もの年収格差の実態

エージェント・プロフェッショナル-医師個人向けの評判は低め?

医師のデータベース4種-意外なことまでわかるその使い方

医師の診断書を法的に見る!診断書の規制から課題まで

医師バイトネットで評判の2種類のアルバイトの区分け

医師法とは? 知らないと恐い、その内容と法的効力

日本の医師免許を解説! 医師国家試験から交付まで

メディカルキューブのお医者さん はろおわあく 多忙な医師はNG評判

コダマメディカルの眼科求人オンライン-求人数に医師の評判は?

ABEドクターステーション(abe株式会社)がネットで医師の評判に

アポプラスステーションに対する医師の評判が集まりにくい理由

医師募集オンラインが評判の眼科領域での強み

医師求人.JPが評判の選抜5社コンサルタントでの対応方式は健在か?

医師求人ガイドが評判の美容外科・美容皮膚科に特化した強み

医師転職グローバルがカバーする千葉、山梨、福岡

女性医局(グランツ)の医師の評判。女医の生涯キャリアにおすすめ

グランツの女性のための健診医局 復職を考える女性医師に良い評判

with Careerのジョプデポ医師 求人数とお祝い金の評判も医師には意味なし

人事・労務担当者のための産業医紹介ナビの評判は女性の医師向け

ステップアップなびの評判 求人は少ないが京都に住みたい医師向け

日本メディカルシステムのスマイルドクター 交渉力が医師に評判良し

グランツの産業医局は求人数がネック 女性医師のサポートは評判良し

スリーピースの専門医局 専門医に特化した求人情報が医師に良い評判

イースクエアのドクタースクエア 求人数が少なく医師の評判は低い?

グランツの当直医局 スポット求人を探す医師には迅速な対応が評判!

フェーズワンのドクタースタイルキャリア 求人動画が医師に高い評判

リプレスのドクターサポート 医師向け求人は長期に更新なく評判低め

ドクターエージェントは福岡の医師求人に強み エージェントが評判

ネオキャリアのドクターズNEXT 医師の業界知識に期待できず評判低め

ハートフルケアのドクタークルー 関西エリアの医師に常勤求人が評判

メディカルスウェアのドクターズスクウェアジョブ 関西の医師に評判

メディカルリソースのドクタービジョン 医師ファーストの対応が評判

渡邊剛(ニューハート・ワタナベ国際病院)心臓血管外科医のすべて

医師の検索で出てこないニセ医者疑惑。厚生労働省の医師等資格確認サイト

医師で確定申告が必要なケース、マイナンバー制で高額な追徴税が

オンライン診療の受診条件と実施病院の探し方

メディカル・プリンシプルの民間医局 求人数と見やすさに評判

グッピーズのグッピー医師求人 個性あふれる求人情報に評判

CMEコンサルティングのCME@医師転職 プロの凄腕に評判

MedPeerキャリア 求人数は多いが評判はプラットフォームだけ?

人の好さが売りのベリ・マッチ 評判やサポートに注意!

プロのサポートが高評判のメディグッド サイトはいまいち?

エージェントとWebの両方に強いメディウェル 総合評判も◎

TKSソリューションの自由診療医師転職ドットコム 評判は?

日本医事新報社のドクター求NAVI 古風なアナログ派に好評判?

福祉人材で伸びるトラストグロース 医師の評判はいまいち

マーキュリーのメディキャリア アルバイトがお得と評判!

メディカル・プリンシプルのメディゲート コンテンツに評判

メディカルビジョンの医師求人ドットコム エージェントに評判

パーソナルアシストのドクターアシスト 顔が見える求人に評判

医師の転職ブログ