内科医への他科目からの転科が魅力的な理由

HOME 転職 医師 比較

体力が尽きた医師が転科してくる内科の実態

 

医師、特に研修医の人気は形成外科、眼科、皮膚科、精神科が高いが、内科医も安定した人気を誇っている。これは病棟を見ればわかるように、患者の高齢化が進んでいるため、内科医の需要はこれからも伸び続けることが予想されるためだ。要は内科医は一生くいっぱぐれることがなく、内科医は転職先にも困らないという安定感である。

内科医の需要は非常に高く、総合病院、一般病院、クリニックなど幅広い求人が内科医には存在し、内科医は完全な売り手市場である。

内科医の年収は1500万円±500万円が大多数となっている。ただし、大学の内科にいる限り内科医の年収は伸びることが無く、内科では30代後半でも1000万円に届かないことがほとんどなので、早めに一般病院の内科へ移るべきであろう。ハッキリ言って、大学病院に勤めている限り、アルバイトの内科医の年収にすら勝つことはできない。それどころか40代の半ばには大学の内科医は一般会社員に年収で抜かれてしまうありさまだ。

実際、外科から内科への転科は非常に多く、体力的に外科では持たなくなったという声をよく聞く。外科はプライドが高く、内科についても良く分かっているつもりのようだが、それは甘い。内科には内科の専門性があり、数多くの臨床経験をこなしてきている内科医と伍してやっていけるかどうかは自分の実力を確認すべきであろう。

内科医と呼ばれる医師は、全国で9万4千人いるとされるされているが、日本内科学会の発表によると、このうち総合内科専門医が1万4千人近くおり、内科医は総合的にすべての疾病の因果関係を見る医師としての要求が強い。もちろん、この中には外科領域のものも含まれる。このように広範な知識を求められるのが内科医の医師としての将来像となっており、自分の専門分野だけしかわからない医師では務まらなくなってきているのである。

また設備投資の面から経営難に陥った個人病院の医師が転進してくる場合もあり、医師の中でも内科は今後、過当競争が激しくなって、医師としての生き残りを掛けた競争へと突入していくと思われる。

 


医師

医師の診療科で差がつく人気と収入

専門医に厚生労働省が2017年に導入する新制度

医局員を手中に収める強大な教授の支配力

派遣医師につきまとう家族との別居不安

医師にもクビがあるという逃れられない恐怖

外科医に多いうつ病の意外な原因

国境なき医師団が日本の医師に突き付ける危険と聖なる選択

日本医師会の意外な一面

外科医が悩む体力と精神力の限界での綱渡り

内科医への他科目からの転科が魅力的な理由

ジョブデポ医師の口コミでは無理な手広さが評判

20世紀にポーランドで行われた感動の心臓移植手術

4つの視点で解説する医師の求人事情!数倍もの年収格差の実態

エージェント・プロフェッショナル-医師個人向けの評判は低め?

医師のデータベース4種-意外なことまでわかるその使い方

医師の診断書を法的に見る!診断書の規制から課題まで

医師バイトネットで評判の2種類のアルバイトの区分け

医師法とは? 知らないと恐い、その内容と法的効力

日本の医師免許を解説! 医師国家試験から交付まで

メディカルキューブのお医者さん はろおわあく 多忙な医師はNG評判

コダマメディカルの眼科求人オンライン-求人数に医師の評判は?

ABEドクターステーション(abe株式会社)がネットで医師の評判に

アポプラスステーションに対する医師の評判が集まりにくい理由

医師募集オンラインが評判の眼科領域での強み

医師求人.JPが評判の選抜5社コンサルタントでの対応方式は健在か?

医師求人ガイドが評判の美容外科・美容皮膚科に特化した強み

医師転職グローバルがカバーする千葉、山梨、福岡

女性医局(グランツ)の医師の評判。女医の生涯キャリアにおすすめ

グランツの女性のための健診医局 復職を考える女性医師に良い評判

with Careerのジョプデポ医師 求人数とお祝い金の評判も医師には意味なし

人事・労務担当者のための産業医紹介ナビの評判は女性の医師向け

ステップアップなびの評判 求人は少ないが京都に住みたい医師向け

日本メディカルシステムのスマイルドクター 交渉力が医師に評判良し