大病院より強い女医が開業する婦人科病院

HOME 転職 医師 比較

婦人科と産婦人科は似ていて非なる点

さまざまな科目がある中で、婦人科と産婦人科だけは、女性に特化していると言った異色な科である。ここで産婦人科ではなく、婦人科に話を限定したのは、産婦人科の場合、不妊治療が占める割合が多く、不妊治療に関しては女医である要素よりも、妊娠できたという口コミの要素が強いため、転職の対象として婦人科に限定した。

 

女医の婦人科が好まれる当たり前の要素

街のあちこちで「女医による」とした婦人科病院の看板を見かけることがあると思う。男女に限らず理解できる話だと思うが、女性は男性に肌を見せることをためらうのは当然のことだ。とくに婦人科の場合、子宮が関わる疾病が多いため、下半身の診断が割けられないため、同性の医師に安心感を持つのは当然である。一方、どんなに設備が整っていても大病院では、男性医師が出てくるか女性医師が出てくるかわからない。このため、大病院の婦人科より、女医が開業する婦人科が選ばれるわけである。

 

男性医師には困難な婦人科での対応

婦人科は女医だけでなく、もちろん男性の医師もいる。他の科から婦人科に転職する男性医もいるのが現実だ。しかし、男性医師にとって婦人科はハンディが大きいので、男性は転職先として考えない方が良いだろう。まず、大きな物理的問題が2つある。子宮と月経だ。問診や診断では、多かれ少なかれ、医師は自分と比較しながら症状を読み取っていく。しかしながら、子宮のある部分の異常を訴えられて、「ここらへんかな」と思って、自分の腹に手を当てて下にあるのは肝臓だ。月経の痛みや多さを訴えられても、それが異常なのかどうなのか、自分に無いから判断しにくい。これは、睾丸を蹴り上げられた時の痛みを女性には理解しがたいのと同じである。また、育ってきた環境においても、女性特有の病気については、女性同士で話すことがほとんどであり、男性は耳にする機会がないというそもそものハンディを背負っている。このように婦人科は男性が転職するにはハンディばかり目立つのだが、逆に言えば、それだけ女性には有利な転職先なのである。

 

問診での会話の噛み合い方の違い

一般論として、良く聞く話だが、女性に言わせると「男は理屈っぽい」、一方、男性に言わせると「女の話はつまらない」といわれる。これは脳梁の太さに起因しているという説がある。右脳と左脳をつなぐ脳梁が、女性の方が圧倒的に太いのだ。このため、男性は細い脳梁で情報のやり取りをするため、逐次処理的になるため、論理性の強い考え方になる。一度に多くの情報を扱うことは不得意だが、なにか驚くようなことがあっても、情報の流れる量が制限されているため、比較的冷静でいられる。一方、女性は脳梁が太いため、一度に多くの情報を平衡処理で扱うことができ、状況を大づかみに判断することができる。この性質のせいで、国の元首は女性の方が向いていると言われる。しかし、驚くようなことがあると、一気に大量の情報が流れるためパニックやヒステリーを起こしやすいという特性を持つ。こういった脳の仕組みの違いから、男性が婦人科に転職しても、患者との会話レベルが合わないのである。やはり、婦人科への転職は女性が有利だと言わざるを得ないだろう。

 

転職で欲張ってはいけない

転職に際して、女性は男性より、事細かに考える傾向が強く、納得しきるまで転職に踏み切らない傾向がある。ストレートに表現すると女性は転職に対して強欲である。結婚や出産と言った女性特有のライフサイクルがあるため、転職は自分のライフサイクルに合った転職先を探すのは当然の考え方なのだが、転職については、どこまで調べたところで、完全にわかるものではなく、転職後に環境が変わることも多い。転職においては、すべて満足する転職条件を出すのではなく、優先順位をつけて転職会社と相談することをお勧めする。

 


転職

転職会社の違いによる天国と地獄の運命

求人案件で絶対的な差がつく3つの種類

転職会社の非常に手軽で簡単な利用方法

家族への配慮が足りない転職が作る冷たい家庭

燃え尽き感に自分の将来を見失う時

在宅報酬の改定で、在宅診療が困難になった

強大過ぎる教授の人事権の恐ろしさ

転職会社の歴史に見る急速な成長

開業を前提とした転職で狙い目の神経内科

アルバイトへの転職が常勤より高額収入という実態

製薬会社が見せる転職の魅力と業界の壁

転職したい職場がある場合の上手な転職会社の使い方

Dr.転職なび(Dr.アルなび)が感じさせる将来の成長性

転職・アルバイト支援サービスの口コミでの企業力と評判

ドクターズ・ジョブの口コミと評判で不安視されるポイント

大病院出身者がぶつかる思いもよらない設備と人の壁

内科への転職で求められるジェネラリスト性

外科への転職で求められるオペ経験の質と実績

精神内科医が個人開業に向けた有利な転職

大病院より強い女医が開業する婦人科病院

あなたは今のままで満足ですか

転職せずに漠然とした不安を抱えたまま年を取る

アルバイトの検索ならMRT? 東京ドクターに評判が良い転職サイト!

精神科医へ集まる注目と転職を成功に導くキーポイント

コンタクト報酬改定で苦戦?眼科の転職と求人はスピードが肝!

整形外科医は転職に有利?リアルな事情とハズせないポイント

皮膚科の転職、あきらめない!狙い目ポイントと大切な心得

転職者にとってMHPの評判は? 関西の転職にエージェント力が光る!

e-doctor(イードクター)とリンクスタッフの評判で消えない話

麻酔科医の転職に特化したアネナビ(株式会社アネステーション)の評判

キララサポートドクターで転職 モード・プランニング・ジャパンの評判

キャリアバンクは北海道の転職に特化! ドクター転職の評判は厳しめ

ケアネットが運営するケアネットキャリア 転職はWEBの強みが評判良し

恒常的な人手不足の産婦人科医。売り手市場の転職事情

キャリアブレインのCBネット 転職にはリアルなコンサルが評判高い

小児科医の転職なら、やりがいと喜びを感じられる場所を

内科医は患者にとって最も身近な医者。その転職事情とは?

こころとからだの専門家、心療内科医の転職事情を徹底調査

アストラスのドクターエンプロイメントとアイアクターは転職に評判

メディカルキャストのドクターキャスト 転職サポートの豊富さが評判

ITAのドクターラボ 評判は転職会社として内容が不充分?

ドクターズナビゲーター じっくりコンサルティング型の転職が評判?

マーキュリーのドクターズパートナー 地の利を生かした転職に評判?

高まる循環器内科の需要。転職しやすさに潜む落とし穴とは

腎臓から全身まで。腎臓内科医は転職で活躍の場が広がる

働く場所、地域、性別問わずチャンスが!一般内科医の転職

外科医は充足気味?専門特化以外にも広がる転職の可能性

悩める人に、夢と希望を。美容外科医の転職は狭き門?

じつは狙い目!脳神経外科の転職動向とこれからの働き方

医療分野で働きたい人必見知っておきたい転職事情・年収