転職会社の違いによる天国と地獄の運命

HOME 転職 医師 比較

転職会社のチョイスによって発生する驚くべき違い

 

転職会社の概要

転職会社のビジネスモデルはすでにご存知かもしれませんが、もしあなたが知らずに疑問に思っている場合を想定して、転職企業の仕組みについて説明しておきます。

業界によっては転職エージェンシーは有料のところがあるようですが、メディカル系においては、どの転職エージェンシーも無料です。これは、転職が決まったときに、紹介手数料が支払われるために、わたしたちは無料となっているものです。この紹介手数料は、転職者の年収の何%と言う形で支払われるそうです。この率は、5%との噂もありますし、20%との噂もあり、実態は何%なのかはわかりません。しかし、仮に年収2,000万円の求人とした場合、5%でも100万円、20%なら400万円ですから、「手数料」という言葉から考えると結構な金額が転職企業に支払われるわけです。

 

転職企業経由と直接応募の優劣

転職先が支払う紹介手数料は、収入から天引きされるわけではなく、転職先から追加経費として支払われます。かといって、その分が転職者の収入から差し引かれるわけではなく、紹介手数料は、純粋に転職先の追加経費となります。ここから先は、検証のしようがない話なので、あくまで集まってきた回答を再構成したものだと思って読んでください。

このように、転職先は手数料が発生します。しかし、直接応募してきた人であれば、このような仲介手数料は発生しません。であれば仮に、ふたりの同レベルの人で、一方が直接応募であった場合、仲介手数料が不要な直接応募者の方が有利に思えます。

しかし、実際はそうではないらしいです。

直接応募者を採用した場合、採用担当者はその採用に関して、採用責任が発生します。このため、その転職者について色々と調べるのですが、結局、それなりにリスクがある状態での採用になります。一方、転職企業経由の場合、事前に経歴などが整理されており、万一、何かあっても、採用担当者は自分の責任ではなく、コンサルタントの落ち度だとして逃げる道があります。つまり、採用担当者にとってみれば、直接者を採用するより、自分の身の安全が担保されるのです。

また、転職企業にとって、転職先からの求人は、言ってみれば発注なわけですから、ニーズに合わない人を紹介して、その結果、次の発注がもらえなくなるわけにはいかないので、ニーズに合った人を紹介し、信頼関係を築いています。ですから、紹介された人は、転職企業が自社の信頼を損なわないように選んできた、というお墨付きがあるわけです。

こういった事情があるため、同じ求人案件に応募する場合でも、直接応募より、転職企業経由の方が有利になるわけです。ただし、これは上述したように、確証が取れている話ではないので、あくまで集まってきた意見から再構成するとこういう話になる、というレベルで受け止めておいてください。

 

わたしの結果から

実際、わたしの場合も、他にも応募者がいたとは聞いていたものの、他の応募者のレベルがわたしと比較してどうだったのかが分からないので、なんとも言えないところです。しかし、わたしの場合は、他に応募者がいても採用されたので、有利に働いたかどうかはわかりませんが、少なくともマイナスにはならなかったと言えます。

 


転職

転職会社の違いによる天国と地獄の運命

求人案件で絶対的な差がつく3つの種類

転職会社の非常に手軽で簡単な利用方法

家族への配慮が足りない転職が作る冷たい家庭

燃え尽き感に自分の将来を見失う時

在宅報酬の改定で、在宅診療が困難になった

強大過ぎる教授の人事権の恐ろしさ

転職会社の歴史に見る急速な成長

開業を前提とした転職で狙い目の神経内科

アルバイトへの転職が常勤より高額収入という実態

製薬会社が見せる転職の魅力と業界の壁

転職したい職場がある場合の上手な転職会社の使い方

Dr.転職なび(Dr.アルなび)が感じさせる将来の成長性

転職・アルバイト支援サービスの口コミでの企業力と評判

ドクターズ・ジョブの口コミと評判で不安視されるポイント

大病院出身者がぶつかる思いもよらない設備と人の壁

内科への転職で求められるジェネラリスト性

外科への転職で求められるオペ経験の質と実績

精神内科医が個人開業に向けた有利な転職

大病院より強い女医が開業する婦人科病院

あなたは今のままで満足ですか

転職せずに漠然とした不安を抱えたまま年を取る

アルバイトの検索ならMRT? 東京ドクターに評判が良い転職サイト!

精神科医へ集まる注目と転職を成功に導くキーポイント

コンタクト報酬改定で苦戦?眼科の転職と求人はスピードが肝!

整形外科医は転職に有利?リアルな事情とハズせないポイント

皮膚科の転職、あきらめない!狙い目ポイントと大切な心得

転職者にとってMHPの評判は? 関西の転職にエージェント力が光る!

e-doctor(イードクター)とリンクスタッフの評判で消えない話

麻酔科医の転職に特化したアネナビ(株式会社アネステーション)の評判

キララサポートドクターで転職 モード・プランニング・ジャパンの評判

キャリアバンクは北海道の転職に特化! ドクター転職の評判は厳しめ

ケアネットが運営するケアネットキャリア 転職はWEBの強みが評判良し

恒常的な人手不足の産婦人科医。売り手市場の転職事情

キャリアブレインのCBネット 転職にはリアルなコンサルが評判高い

小児科医の転職なら、やりがいと喜びを感じられる場所を

内科医は患者にとって最も身近な医者。その転職事情とは?

こころとからだの専門家、心療内科医の転職事情を徹底調査

アストラスのドクターエンプロイメントとアイアクターは転職に評判

メディカルキャストのドクターキャスト 転職サポートの豊富さが評判

ITAのドクターラボ 評判は転職会社として内容が不充分?

ドクターズナビゲーター じっくりコンサルティング型の転職が評判?

マーキュリーのドクターズパートナー 地の利を生かした転職に評判?

高まる循環器内科の需要。転職しやすさに潜む落とし穴とは

腎臓から全身まで。腎臓内科医は転職で活躍の場が広がる

働く場所、地域、性別問わずチャンスが!一般内科医の転職

外科医は充足気味?専門特化以外にも広がる転職の可能性

悩める人に、夢と希望を。美容外科医の転職は狭き門?

じつは狙い目!脳神経外科の転職動向とこれからの働き方

医療分野で働きたい人必見知っておきたい転職事情・年収