開業を前提とした転職で狙い目の神経内科

HOME 転職 医師 比較

開業の資金が非常に軽く済む神経内科

 

血を見ることが気持ちが悪いという人は多いです。麻酔科など比較的血を見る機会が少ない科もありますが、一番血をみる機会が無いのはやはり神経内科でしょう。

神経内科、精神科は、主に患者さんの問診と処方が医師の仕事であり、たまに必要となる血液検査や注射は看護師の仕事になりますがら、滅多に血を見ることはありません。また、最近では、うつ病が社会的認知を受けるようになったので、治療を受ける上での経済支援体制も整備され、企業でもメンタルクリニックに通院することが会社を休む理由として認められるようになってきたため、通院患者が非常に増えています。実際、多くのメンタルクリニックは予約制となっており、新規の患者はなかなか予約が取れないほど、患者数と比較して、クリニックの数が不足している状況にあります。

メンタル系のもう一つの利点は、開業しやすいと言う点にあります。外科など他の科と違って、大きな設備を必要としないため、開業資金が少なくて済む上、早く予約をとれるクリニックを探している新規の患者が増えているため、他の科と比較して新しく開業してもすぐに患者が入ってくるという点もあります。

開業を前提とした転職であれば、大き目のメンタルクリニックに転職して、病院の経営ノウハウを蓄積するというもの転職についての、ひとつの考え方であると言えます。

 


転職

転職会社の違いによる天国と地獄の運命

求人案件で絶対的な差がつく3つの種類

転職会社の非常に手軽で簡単な利用方法

家族への配慮が足りない転職が作る冷たい家庭

燃え尽き感に自分の将来を見失う時

在宅報酬の改定で、在宅診療が困難になった

強大過ぎる教授の人事権の恐ろしさ

転職会社の歴史に見る急速な成長

開業を前提とした転職で狙い目の神経内科

アルバイトへの転職が常勤より高額収入という実態

製薬会社が見せる転職の魅力と業界の壁

転職したい職場がある場合の上手な転職会社の使い方

Dr.転職なび(Dr.アルなび)が感じさせる将来の成長性

転職・アルバイト支援サービスの口コミでの企業力と評判

ドクターズ・ジョブの口コミと評判で不安視されるポイント

大病院出身者がぶつかる思いもよらない設備と人の壁

内科への転職で求められるジェネラリスト性

外科への転職で求められるオペ経験の質と実績

精神内科医が個人開業に向けた有利な転職

大病院より強い女医が開業する婦人科病院

あなたは今のままで満足ですか

転職せずに漠然とした不安を抱えたまま年を取る

アルバイトの検索ならMRT? 東京ドクターに評判が良い転職サイト!

精神科医へ集まる注目と転職を成功に導くキーポイント

コンタクト報酬改定で苦戦?眼科の転職と求人はスピードが肝!

整形外科医は転職に有利?リアルな事情とハズせないポイント

皮膚科の転職、あきらめない!狙い目ポイントと大切な心得

転職者にとってMHPの評判は? 関西の転職にエージェント力が光る!

e-doctor(イードクター)とリンクスタッフの評判で消えない話

麻酔科医の転職に特化したアネナビ(株式会社アネステーション)の評判

キララサポートドクターで転職 モード・プランニング・ジャパンの評判

キャリアバンクは北海道の転職に特化! ドクター転職の評判は厳しめ

ケアネットが運営するケアネットキャリア 転職はWEBの強みが評判良し

恒常的な人手不足の産婦人科医。売り手市場の転職事情

キャリアブレインのCBネット 転職にはリアルなコンサルが評判高い

小児科医の転職なら、やりがいと喜びを感じられる場所を