日経HRの日経メディカルキャリア 評判は求人数の多さだけ?

医師向け転職サイト:日経メディカルキャリアの運営会社は? 評判や特徴を知りたい!

  • 運営サイト:日経メディカルキャリア
      https://medical-career.nikkeihr.co.jp/
  • 運営会社:株式会社日経HR
  • 設立年:1979年3月1日
  • 代表取締役:篠原昇司
  • 所在地:〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-6-3 神田三菱ビル
  • 本社所在地:東京都中央区
  • 資本金:7,000万円

日経メディカルキャリアの医師転職と求人

日経メディカルキャリアの特徴

  • 日本経済新聞社のグループ企業が運営
  • 日本最大級を称するほどの大手医師向け転職サイト

日経メディカルキャリアの運営会社は、日本経済新聞社のグループ企業である日経HR社となっていますが、同じくグループ企業の日経BP社から委託されて運営されています。理由は、日経メディカルキャリア自体が「日経メディカルOnline」内の医師転職ページの位置づけとされているためです。日経BP社が運営する「日経メディカルOnline」は、医師や看護師、薬剤師向けに日々の医療関連ニュースから学会・セミナー情報まで、総合的に豊富な情報を掲載するメディアサイトです。

日本経済新聞グループ内の役割として、日経BP社はメディア関連、日経HR社は人材教育系を担っています。日経メディカルキャリアは情報サイト内の転職の位置づけでありながら、専門事業会社によって運営されているのです。運営は違うものの同じグループ企業のため、日経メディカルキャリアは日経メディカルOnlineと共通のIDで利用することが可能です。

日経メディカルOnlineの医師求人と転職

また、日経メディカルキャリアは大手グループに属しているだけあり、「日本最大級」をうたい文句に、連携する転職支援会社では59社、総求人数は19,450件と規模の大きいサイトとなっています。(2017年11月時点)

日経メディカルキャリアのサイトのトップページ上部は、常勤・非常勤・スポット・スカウトと分けられており、上部に勤務地・診療科目・「土・日休み」などの人気の条件で検索できるほか、エリアごとの人気求人も掲載されています。非常勤・スポット求人では、加えて勤務可能時間帯なども併せて検索でき、検索結果の絞り込みやキーワード検索も可能です。

日経メディカルキャリアのサイトのトップページ下部には、連携する転職支援会社のコンサルタントの写真付きプロフィールや地域別や診療科目別に掲載件数を載せており、ワンクリックで検索できる一覧もあります。なお、サイト最下部にはQAと同列に個人情報やアクセス履歴の取り扱い等、規約について多くのリンクがあり、自分の情報をWebに記入することに抵抗がある方にも利用しやすくなっています。

日経メディカルキャリアの良いところ

  • スポット求人も取り揃えた日本最大級の求人量
  • ネットワークを活かしたサービス多数

日経メディカルキャリアの最大の特徴は、95社の転職支援会社と連携した求人件数です。サイト上でその転職情報を横断して閲覧できるところに強みがあります。日経メディカルキャリアの総求人数19,450件中、常勤は11,210件、非常勤は5,373件、スポットは2,860件と各雇用形態の求人を取り揃えています。(2017年11月時点)

日経メディカルキャリアの検索結果では、一部モザイクのかかった非公開求人がありますが、ほとんどは検索結果から募集内容を閲覧できます。一般的にスポット求人は情報収集から掲載まで、迅速な対応が求められるため、サイトの更新まで手が回りにくい小規模の会社ではなかなか掲載できないのですが日経メディカルキャリアは日々新着求人を更新しています。日経メディカルキャリアにはどの雇用形態もまんべんなく件数があり、シンプルで使いやすい検索システムと併せて大手らしくネットワークと技術を生かしたサイトと言えます。

また、日経メディカルキャリアは、その豊富なネットワークを活かしたサービスも充実しています。例えば、「スカウトサービス」では、希望条件や診療科目などを登録すると、個人が特定されない範囲で各転職支援会社のコンサルタントがそれを見て、マッチする転職を紹介してくれます。さらに、日経メディカルキャリアの「おまかせ問い合わせ」は、簡単なプロフィールを送信するだけで、最大4社の転職支援会社に自動登録され、各エージェントから連絡がもらえるサービスです。スカウトサービスは転職を「提案してくれる」サービスですが、おまかせ問い合わせは一括でマッチする会社への問合せまで済ませてしまい、さらに手間は軽減されます。

その他にも、日経メディカルキャリアでは希望条件の求人が掲載されるとメールしてくれる「希望求人メール」、都道府県と希望の科目でマッチした求人を週3回、日経メディカルキャリアのマイページにお知らせしてくれる「新着求人お知らせメッセージ」、スマホアプリ(iPhone、Android)と、個人の好みに合わせて利用しやすいサービスが整っています。特に、今すぐに転職を考えていない方やサイトを調べる時間がない方は、日経メディカルキャリアのサービスを利用することで、効率的に良い転職案件を見つけられる可能性がぐっと高まります。

日経メディカルキャリアの欠点

  • 求人情報の詳細が不足
  • 連携会社に頼っており、一貫したサポートを期待できない

日経メディカルキャリアの転職情報では、勤務地、募集科目、年収など基本的な情報は掲載されていますが、どのような人材が求められているか等の詳細は必須事項としては掲載されていません。また、求人情報の上部にあるタグで「シニア医師活躍」、「救急対応なし」等が付記されていますが、募集内容には詳細の記載がなく、どこまでが信用できる情報なのかが分かりにくい掲載も見受けられます。

このように日経メディカルキャリアで掲載情報が不足している原因の一つとして、求人情報はほぼ全てが連携している転職会社を経由していることにあります。日経メディカルキャリアは基本的に求人情報を掲載するプラットフォームであるため、実際の募集内容の説明やサポート等は求人情報を持つ転職支援会社の管理となります。日経メディカルキャリアは、サイトの説明でも、どのようなサポートを行うかの詳細は記載しておらず、別の募集案件を見るたびに新たな転職支援会社とのやり取りが発生することもあり、一貫した対応を求めにくくなっているのです。また、サイト自体が大規模であるため利用者も多いと予想され、一人一人の希望に沿った細やかなサポートは期待できにくい可能性もあります。

まとめ:日経メディカルキャリアのおすすめ度

・おすすめ度(5段階評価)・・・「4」★★★★☆

日経メディカルキャリアは医師向け転職サイトの中でも規模が大きく、そのネットワークから質・量とともに求人数が集まりやすいことは確かです。また、大手ならではの、個人情報の取り扱いなどの規約が細かくしっかりしています。ただし、大手グループの看板に見合うだけに、全てが他より良いかと言うと、日経メディカルキャリアはあくまでプラットフォームに特化しており、実際の転職サポートは連携している転職支援会社任せとなっています。そのため、信頼できるコンサルタントと、じっくりと細やかに自分のキャリアや将来の希望に向き合って転職先を探したいと考える方には、不向きの可能性があるのです。しかし、求人件数の多さや充実したサービスは随一ですので、手始めに色々な募集内容やコンサルタントを比較したいと考える方には、日経メディカルキャリアはぜひ利用をおすすめします。

 


転職

転職会社の違いによる天国と地獄の運命

求人案件で絶対的な差がつく3つの種類

転職会社の非常に手軽で簡単な利用方法

家族への配慮が足りない転職が作る冷たい家庭

燃え尽き感に自分の将来を見失う時

在宅報酬の改定で、在宅診療が困難になった

強大過ぎる教授の人事権の恐ろしさ

転職会社の歴史に見る急速な成長

開業を前提とした転職で狙い目の神経内科

アルバイトへの転職が常勤より高額収入という実態

製薬会社が見せる転職の魅力と業界の壁

転職したい職場がある場合の上手な転職会社の使い方

Dr.転職なび(Dr.アルなび)が感じさせる将来の成長性

転職・アルバイト支援サービスの口コミでの企業力と評判

ドクターズ・ジョブの口コミと評判で不安視されるポイント

大病院出身者がぶつかる思いもよらない設備と人の壁

内科への転職で求められるジェネラリスト性

外科への転職で求められるオペ経験の質と実績

精神内科医が個人開業に向けた有利な転職

大病院より強い女医が開業する婦人科病院

あなたは今のままで満足ですか

転職せずに漠然とした不安を抱えたまま年を取る

アルバイトの検索ならMRT? 東京ドクターに評判が良い転職サイト!

精神科医へ集まる注目と転職を成功に導くキーポイント

コンタクト報酬改定で苦戦?眼科の転職と求人はスピードが肝!

整形外科医は転職に有利?リアルな事情とハズせないポイント

皮膚科の転職、あきらめない!狙い目ポイントと大切な心得

転職者にとってMHPの評判は? 関西の転職にエージェント力が光る!

e-doctor(イードクター)とリンクスタッフの評判で消えない話

麻酔科医の転職に特化したアネナビ(株式会社アネステーション)の評判

キララサポートドクターで転職 モード・プランニング・ジャパンの評判

キャリアバンクは北海道の転職に特化! ドクター転職の評判は厳しめ

ケアネットが運営するケアネットキャリア 転職はWEBの強みが評判良し

恒常的な人手不足の産婦人科医。売り手市場の転職事情

キャリアブレインのCBネット 転職にはリアルなコンサルが評判高い

小児科医の転職なら、やりがいと喜びを感じられる場所を

内科医は患者にとって最も身近な医者。その転職事情とは?

こころとからだの専門家、心療内科医の転職事情を徹底調査

アストラスのドクターエンプロイメントとアイアクターは転職に評判

メディカルキャストのドクターキャスト 転職サポートの豊富さが評判

ITAのドクターラボ 評判は転職会社として内容が不充分?

ドクターズナビゲーター じっくりコンサルティング型の転職が評判?

マーキュリーのドクターズパートナー 地の利を生かした転職に評判?

高まる循環器内科の需要。転職しやすさに潜む落とし穴とは

腎臓から全身まで。腎臓内科医は転職で活躍の場が広がる

働く場所、地域、性別問わずチャンスが!一般内科医の転職

外科医は充足気味?専門特化以外にも広がる転職の可能性

悩める人に、夢と希望を。美容外科医の転職は狭き門?

じつは狙い目!脳神経外科の転職動向とこれからの働き方

医療分野で働きたい人必見知っておきたい転職事情・年収

医者の転職に人気な科目とは?人気の秘密は3つのポイント

「転職したい」ドクターが考え始めたら知っておきたいこと

キャリアと家庭に揺れる女医。転職にオススメの科目TOP3

医師転職コンシェルジュが医局で評判が上昇しているオーダーメイド体制

日経HRの日経メディカルキャリア 評判は求人数の多さだけ?

日本メディカルコネクションのJMC 熟練エージェントに評判

TS工建のドクターズWORKER 全国拠点で急成長中と評判

総合メディカルのDtoDコンシェルジュ 珍しい求人に評判◎

リクルートドクターズキャリアの評判は総合的に見るとどうなのか