転職

HOME 転職 医師 比較

転職

転職は大学の入試と同じくらい、いえもしかするとそれ以上に人生を左右するものだったと、わたしは感じています。わたしの場合は、生涯、多忙と薄給のまま不満を持ちながら過ごすのか、それとも転職という賭けに出て、本来わたしが思い描いたような姿と生活を手に入れるかの一大決意でした。特に、バブル崩壊からリーマンショックを経て、多くの人が自身のブログで転職での失敗を公開するようになり、その悲惨さを目にする機会が増えたこともあります。Googleの検索で出てくる転職体験談のブログは、成功よりも失敗が目立ち、転職に対する恐怖心が心臓に突き刺さるような思いを繰り返していました。すでに転職という言葉は世間一般で日常よく聞く言葉になってはいるものの、2016年に厚生労働省がサイトで発表したデータでは、転職者は増加傾向にはあるものの、全就業者のたった4.8%でしかありません。転職など経験しない人の方が圧倒的に多いのが現実です。大多数の人は終生変わらぬ職場で生涯を終える。わたしはマイナーな存在でしかありませんでした。

 

転職は賭けではなかった

ここで賭けという言葉を使ったのは、失敗すれば失うものがあったからです。勤めていた大学病院は、繁忙すぎる上に、収入も少ないとはいえ、その生活はある意味保障されていました。しかし、転職に踏み出してしまったら、医局にばれて居場所が無くなる、転職先がさらに環境が悪いところが当たる、など、持っていたものを失う危険性があったからです。実際、最初の転職で失敗したときは、本当に医局にわたしの居場所が無くなるところでした。でも、ちゃんと転職に成功して、充実した軌道に乗っている今だからこそ過去を振り返って言えるのですが、転職は賭けではありません。転職を賭けにしてしまっていたのは、ネット情報に振り回されて、勝手にプランを作り上げて進めた結果、あまりに不確実な方法で進めてしまったからです。

大事な点なので、何度も言いますが、

ネット情報は読めば読むほど危険です。そして、読みだすといろいろな項目を考えたり、比較に没頭して止まらなくなります。その間、自分がのめり込んでしまっている異常な姿にまったく気づかなくなってしいまいます。

あなたがもし、ネットで転職関連を読み漁ってプランを考えている状態だったら、即刻やめて、転職に関して頭に入れた危険な知識はリセットしてください。さもないと、ネットから仕入れた知識で頭でっかちになり、考えが整理できていないまま転職に踏み出すわけですから、言ってみれば初めて訪れる土地で一歩一歩恐れながら地雷原を進んでいくような状態になります。

わたしもやりましたが、ネットのせいで多くの人が地雷を踏んでしまっています。たまたまわたしは、偶然のTwitterで救われましたが、転職で失敗し、致命的な支障を負ったまま転職できなくなっている人もいます。中には精神的な打撃で、うつ症状に陥り、転職よりさらに大きな社会復帰という問題を抱え込んだまま、出勤できなくなった人までいるのが現実です。転職というのは、それほど大きな危険性あると知っておいてください。

ただ、これら転職の阻害原因はすべて、ネット情報にのめり込んで、自分でコントロールしようとした結果にすぎません。「自分でコントロールする」という部分は、一見当たり前のように思えるのですが、そこが失敗を引き起こす根本的な間違いです。

あなたに、このような形でサイトを通じて話をできる状態にわたしがなれている幸運に、本当に感謝しています。こうやって書きながらも、あのときTwitterに救われていなかったら、こんなに余裕をもって客観的な説明する日は来なかったと思います。

何かを買う時や、スポーツクラブなどに入会するとき、あるいは結婚する時でも、「自分自身で考えて判断する」という行動は当たり前です。受験の時でも、親や周囲の意見を聞く場合はあっても、結局、自分でプランを立てて、進めます。つまり、「自分でコントロールしている」わけです。「自分でコントロールしている」というのは、プランの大部分を自分自身で形作っているという状態です。こういった考え方が染みついているため、転職においても、自分でプランを作る進め方が頭の中で無意識のうちに大前提になってしまっているのです。その結果が、ネットですべて調べ上げて、どう転職を進めていくかを考えよう、という行動になるので、なんの不自然さも感じません。いえ、正確にはこの行動はまったく不自然ではなく、ただ転職に限っては危険な進め方だといった方が受け入れやすいかもしれません。

トップページのランキングで書いたように、結果的にわたしは、自分が立てたプランでとんでもない失敗をしますが、これは転職でなければ、なにも問題の無い、ごく当たり前の進め方だったといまでも思っています。

転職の大きな特徴は

  •  同僚や上司など、周りに相談できない
  •  対価は金銭ではなく、自分の人生である

の2点です。

つまり、これら2点が無ければ、転職は賭けでもなければ、何かを失う心配もいらないのです。これら2点を無くす方法が、良い求人会社の利用です。

良い求人会社を使えば、じっくりと希望を相談できます。さらに、完全に安全なプランを作り上げた上で、転職に踏み出せるので、何かを失う危険性もありません。

転職で成功するか失敗するかの違いは、求人企業の有用性を知っているかいないかだけだと思います。

転職は賭けではありません。

良い求人会社さえ使えば、安全に、そして確実に転職できるのです。

 

転職は自分で考えると漏れが残る

もし、あなたがわたしと同じように、ネット情報を頭に流し込んでいる状態ならわかると思いますが、転職関連ページを見ていると、想定していなかった「考えるべき項目」がいくつも出てきます。

 でも、あなたは、ネットで情報を集め切れば「これで完璧」と言える状態になると思いますか?

それは無理です。なぜなら、そのプランが完璧であるか否かを確認する手段がないからです。

 また反対の角度から見て、頭に入れた知識って、本当に必要ですか?

これも、判断できないはずです。なぜなら、実際に使った経験が無いから、本当に必要かどうかわからないんです。

このように、転職情報を集めて進めようとすると、漏れは出て来るし、不要な知識で混乱するしで、危険極まりありません。

良い求人会社は、あなたが転職に関する知識ゼロでも、ちゃんと対応できるように、情報や段取りが整備されています。これらすべては、多くの人を転職させた経験を踏んだものなので、漏れも無ければ、無用なものはそぎ落とされて、システマティックに整えられています。つまり、ちゃんと実戦で必要十分であると確認されているわけです。

ですから、転職においては「コントロールする」のではなく、「整備されたテンプレートに乗っかる」というイメージに頭を置き換えると、あなたにわたしが言っている話がすんなりと理解できると思います。

 

大事な点なので繰り返します

転職においては、ネットで収集するのは危険です。すぐにやめた方がいいです。まずは、相談する気持ちで、良い求人会社に登録して話してみることが安全で確実な進め方です。良い転職会社に登録してこそ、人生の正のサイクルが周り始めます。

 


転職

転職会社の違いによる天国と地獄の運命

求人案件で絶対的な差がつく3つの種類

転職会社の非常に手軽で簡単な利用方法

家族への配慮が足りない転職が作る冷たい家庭

燃え尽き感に自分の将来を見失う時

在宅報酬の改定で、在宅診療が困難になった

強大過ぎる教授の人事権の恐ろしさ

転職会社の歴史に見る急速な成長

開業を前提とした転職で狙い目の神経内科

アルバイトへの転職が常勤より高額収入という実態

製薬会社が見せる転職の魅力と業界の壁

転職したい職場がある場合の上手な転職会社の使い方

Dr.転職なび(Dr.アルなび)が感じさせる将来の成長性

転職・アルバイト支援サービスの口コミでの企業力と評判

ドクターズ・ジョブの口コミと評判で不安視されるポイント

大病院出身者がぶつかる思いもよらない設備と人の壁

内科への転職で求められるジェネラリスト性

外科への転職で求められるオペ経験の質と実績

精神内科医が個人開業に向けた有利な転職

大病院より強い女医が開業する婦人科病院

あなたは今のままで満足ですか

転職せずに漠然とした不安を抱えたまま年を取る

アルバイトの検索ならMRT? 東京ドクターに評判が良い転職サイト!

精神科医へ集まる注目と転職を成功に導くキーポイント

コンタクト報酬改定で苦戦?眼科の転職と求人はスピードが肝!

整形外科医は転職に有利?リアルな事情とハズせないポイント

皮膚科の転職、あきらめない!狙い目ポイントと大切な心得

転職者にとってMHPの評判は? 関西の転職にエージェント力が光る!

e-doctor(イードクター)とリンクスタッフの評判で消えない話

麻酔科医の転職に特化したアネナビ(株式会社アネステーション)の評判

キララサポートドクターで転職 モード・プランニング・ジャパンの評判

キャリアバンクは北海道の転職に特化! ドクター転職の評判は厳しめ

ケアネットが運営するケアネットキャリア 転職はWEBの強みが評判良し

恒常的な人手不足の産婦人科医。売り手市場の転職事情

キャリアブレインのCBネット 転職にはリアルなコンサルが評判高い

小児科医の転職なら、やりがいと喜びを感じられる場所を