転職会社の歴史に見る急速な成長

HOME 転職 医師 比較

実は非常に浅いメディカル系転職の歴史

 

転職という文化が日本で一般的になったのは、1980年代のバブルのころからだったそうです。この頃から転職を扱う企業が増え始めましたが。当時はまだインターネットが無かったために、大手はDUDAやとらばーゆに代表される雑誌、中小は広告という形で発展しました。この頃はまだ、看護師や薬剤師を含め、医療従事者を扱うエージェントは無かったそうです。これは一般業種としがって、医療従事者の場合、免許が必要なことと、医学や医療関連に関する特殊な知識が必要とされるため、なかなか手が出せないことが原因だったようです。

2000年に入り、大手がようやく看護師も扱うようになりました。しかし、やはり他の業種と同じく、業種別の特別企画ページに求人を掲載するだけで、コンサルタントを配備してサポートするという体制ではありませんでした。

こういった医療従事者向けの転職が大きく変わったのは、2005年ころからだったと言われています。専門の転職コンサルタントを配備して病院と医療従事者との間に入り、仲介手数料を取った方が、それまでの求人情報掲載料と比較してはるかに大きな利益が得られるとわかり、各社はそれまでの求人広告掲載から転職コンサルタントを配備しての転職支援業務に切り替えていきました。これが現在のメディカル系転職会社の原型となります。大手ですら、メディカル専門の転職部門として、情報や体制がが整備されたのは2008年ごろだという意見が多いです。

このように転職サポートと言うのは、比較的歴史が浅く、まだ5,6年ほどしか経っていないのです。今回、全部で107もの転職サイトについての比較情報が集まりましたが、大半はまだまだ体制が整備されていないため、こういった経験が浅く、情報や体制が整備されていないエージェントを使うのは非常に危険だと言えます。

こういった面からも、今回TOPページのランキングに記載した3社を使うことを強くお勧めいたします。

 


転職

転職会社の違いによる天国と地獄の運命

求人案件で絶対的な差がつく3つの種類

転職会社の非常に手軽で簡単な利用方法

家族への配慮が足りない転職が作る冷たい家庭

燃え尽き感に自分の将来を見失う時

在宅報酬の改定で、在宅診療が困難になった

強大過ぎる教授の人事権の恐ろしさ

転職会社の歴史に見る急速な成長

開業を前提とした転職で狙い目の神経内科

アルバイトへの転職が常勤より高額収入という実態

製薬会社が見せる転職の魅力と業界の壁

転職したい職場がある場合の上手な転職会社の使い方

Dr.転職なび(Dr.アルなび)が感じさせる将来の成長性

転職・アルバイト支援サービスの口コミでの企業力と評判

ドクターズ・ジョブの口コミと評判で不安視されるポイント

大病院出身者がぶつかる思いもよらない設備と人の壁

内科への転職で求められるジェネラリスト性

外科への転職で求められるオペ経験の質と実績

精神内科医が個人開業に向けた有利な転職

大病院より強い女医が開業する婦人科病院

あなたは今のままで満足ですか

転職せずに漠然とした不安を抱えたまま年を取る

アルバイトの検索ならMRT? 東京ドクターに評判が良い転職サイト!

精神科医へ集まる注目と転職を成功に導くキーポイント

コンタクト報酬改定で苦戦?眼科の転職と求人はスピードが肝!

整形外科医は転職に有利?リアルな事情とハズせないポイント

皮膚科の転職、あきらめない!狙い目ポイントと大切な心得

転職者にとってMHPの評判は? 関西の転職にエージェント力が光る!

e-doctor(イードクター)とリンクスタッフの評判で消えない話

麻酔科医の転職に特化したアネナビ(株式会社アネステーション)の評判

キララサポートドクターで転職 モード・プランニング・ジャパンの評判

キャリアバンクは北海道の転職に特化! ドクター転職の評判は厳しめ

ケアネットが運営するケアネットキャリア 転職はWEBの強みが評判良し

恒常的な人手不足の産婦人科医。売り手市場の転職事情

キャリアブレインのCBネット 転職にはリアルなコンサルが評判高い

小児科医の転職なら、やりがいと喜びを感じられる場所を

内科医は患者にとって最も身近な医者。その転職事情とは?

こころとからだの専門家、心療内科医の転職事情を徹底調査

アストラスのドクターエンプロイメントとアイアクターは転職に評判

メディカルキャストのドクターキャスト 転職サポートの豊富さが評判

ITAのドクターラボ 評判は転職会社として内容が不充分?

ドクターズナビゲーター じっくりコンサルティング型の転職が評判?

マーキュリーのドクターズパートナー 地の利を生かした転職に評判?

高まる循環器内科の需要。転職しやすさに潜む落とし穴とは

腎臓から全身まで。腎臓内科医は転職で活躍の場が広がる

埼玉県さいたま市

東京都千代田区